CryptoWise’s blog

仮想通貨市場は不確実性とポテンシャルが輝く世界

大手資産管理企業フランクリン・テンプルトンが現物イーサリアムETFの申請を提出

米国の大手資産運用企業であるフランクリン・テンプルトンは、1兆5000億ドルを超える資産を管理しており、最近、イーサリアムの現物上場投資信託ETF)の申請を米国証券取引委員会(SEC)に提出しました。

提出されたS-1書類によれば、このETFが承認されれば、それは「フランクリン・イーサリアムETF」としてシカゴ・オプション取引所(CBOE)に上場する予定です。

Franklin TempletonのS-1申請書 Source: SEC

先週、ARK 21シェアーズが改訂版S-1書類で提案したように、フランクリン・テンプルトンもETHの一部をステーキングして追加収益を得る意向を示しました。

提出された文書によれば、「発行体は、信託財産の一部を、発行体の子会社を含む信頼できるステーキングプロバイダーを通して、随時ステーキングする可能性がある」と述べています。

フランクリン・テンプルトンは、信託のコールドウォレットからETHをステーキングし、その結果得られるステーキング報酬を収益として計上する予定です。

SECにイーサリアム現物ETFの申請を行っている企業には、ブラックロック、ヴァンエック、フィデリティ、インベスコ・ギャラクシー、グレイスケール、ハッシュデックスなどが含まれます。

x.com

SECは、ヴァンエックの申請については5月23日、ARK 21シェアーズは5月24日、ハッシュデックスは5月30日までに、グレイスケールは6月18日までに、インベスコについては7月5日までに決定する必要があります。

また、フィデリティとブラックロックの申請については、8月3日と8月7日までが期限です。

ブルームバーグETFアナリストのジェームズ・セイファート氏は、SECが1月10日に全てのビットコイン(BTC)現物ETFについて決定を下したように、全ての申請者について5月23日までにイーサリアム現物ETF決定を下す可能性があると予想しています。

また、セイファート氏の同僚であるブルームバーグのシニアETFアナリストのエリック・バルチュナス氏は、1月30日に2024年のイーサリアム現物ETF承認の可能性を70%から60%に下方修正しました。

フランクリン・テンプルトンは、先月米国でビットコイン現物ETFを立ち上げたETF発行会社10社のうちの1つです。

同社はイーサリアム現物ETFの申請では後発組となりましたが、最近ではイーサリアムやソラナ、その他のブロックチェーンネットワークを評価しており、ビットコイン以外の分野にも拡大する可能性を示唆しています。 

x.com

今回の提出された文書によれば、フランクリン・テンプルトンはイーサリアム現物ETFの申請を提出し、追加のステーキング収益も追求しています。

この動きは、仮想通貨市場における大手資産管理企業の注目すべき進展であり、SECの承認待ちとなる他の企業の申請とともに、仮想通貨イーサリアムETF市場の成長に対する期待を高めています。

特に、ブルームバーグETFアナリストの予想によれば、SECの決定が5月23日までに下される可能性があり、これが市場にとって重要な転換点となるでしょう。