FIntCrypto

仮想通貨市場は不確実性とポテンシャルが輝く世界

現職のジョー・バイデン大統領は、米大統領選から正式に撤退を発表

2024年の大統領選挙に向けて、現職のジョー・バイデン米大統領が突然の撤退を発表しました。

x.com

バイデン大統領は、選挙日のわずか4ヶ月前のこの発表で、その理由について具体的な説明を避け、「党と国の最善の利益のため」とだけ述べました。

また、「残りの任期中は大統領としての職務に全力を注ぐことにしました」と述べ、カマラ・ハリス氏を全面的に支持していく表明をしました。

x.com

この決定により、民主党はバイデン氏抜きで11月5日に予定された選挙に臨むことになります。

バイデン大統領が辞任する可能性があるとの憶測は以前からあり、副大統領のカマラ・ハリス氏が後任になると予想する声も多いですが、正式な発表はまだありません。

バイデン大統領は仮想通貨業界に対して厳しい姿勢を取ってきたことでも知られています。

6月1日には、米証券取引委員会(SEC)のスタッフ会計速報(SAB)No.121を却下する決議に拒否権を行使しました。

この決定により、仮想通貨コミュニティからの反発が強まりました。

特に、デジタル商工会議所の最高政策責任者であるコーディ・カルボーネ氏は、「これは革新と経済的自由に対する重大な打撃だ」と述べ、バイデン大統領の決定を批判しました。

今回のニュースは、共和党の大統領候補であるドナルド・トランプ氏が暗殺未遂を乗り越えたわずか2週間後に報じられました。

CoinGecko Researchは2024年第2四半期の仮想通貨市場レポートを発表

2024年第2四半期の仮想通貨市場レポート

CoinGecko Researchは2024年第2四半期の仮想通貨市場レポートを発表しました。

仮想通貨の時価総額は2024年第2四半期に-14.4%下落

レポートによると、仮想通貨市場の時価総額は14.4%(4088億ドル)減少し、2024年第2四半期末には2.43兆ドルに達しました。

市場は2.30兆ドルから2.90兆ドルの範囲で変動し、史上最高値には達しませんでした。

一方、S&P 500は上昇を続け、2024年第2四半期には3.9%の上昇を記録しました。

これにより、総仮想通貨時価総額S&P 500の相関関係は、第1四半期の0.84から第2四半期には0.16に急落しました。

仮想通貨のボラティリティは第2四半期も高く、暗号時価総額は年間48.2%、ビットコインは46.7%のボラティリティを示しました。

これに対し、S&P 500のボラティリティは12.7%と、仮想通貨の約4分の1でした。

これにより、仮想通貨の時価総額S&P 500(+3.9%)を上回りました。

市場シェアはミームコインがリード

また、ミームコインは2024年第2四半期に最も人気のあるカテゴリーであり、市場シェアの14.3%を占めました。

データによると、ミームコイン、リアルワールドアセット(RWA)、人工知能(AI)は、2024年第2四半期に最も人気のあるテーマであり、市場シェアの35.7%を占めました。

これは2024年第1四半期と似た傾向です。

ミームコインがチャートを支配し、トップ15の最も人気のある仮想通貨テーマのうち4つはミームコインに関連しています。

一方、49のブロックチェーンエコシステムのうち、Solana、Ethereum、Base、TONの4つがトップ15の仮想通貨テーマに入りました。

Solana(SOL)とBase(ベース)は最も人気のあるエコシステムであり、市場の注目の22.9%を占めました。

中央集権型取引所(CEX)は前年同期比(-12.2%)減少

2024年第2四半期において、トップ10の中央集権型取引所(CEX)は合計3.40兆ドルの現物取引量を記録しました。

これは、仮想通貨市場全体のパフォーマンスに合わせて、前の四半期と比べて12.2%の減少を示しています。

バイナンスは依然として最大のCEXであり、取引量が減少しているにもかかわらず、2024年6月には市場シェアの45%を占めました。

一方、Bybitは第2四半期に2番目に大きな現物CEXとなり、Upbitを追い越しました。

Bybitは6月に市場シェアを12.6%に増やしました。

トップ10の現物CEXのうち、取引量が増加したのは4つだけでした。

Gate.ioは51.1%(85.2億ドル)、Bitgetは15.4%(24.7億ドル)、HTXは13.7%(255億ドル)で最も増加しています。

同じ期間中に、取引所での新しいリストとプロジェクトの立ち上げが著しく増加しました。

分散型取引所(DEX)

2024年第2四半期において、トップ10の分散型取引所(DEX)は、現物取引量で3,707億ドルを記録しました。

これは前四半期比で15.7%の増加を示しており、ミームコインの急増と多くのエアドロップがこの成長に寄与しました。

ユニスワップは依然として支配的なDEXであり、2024年6月には市場シェアの48%を占めました。

しかし、トップ10の下位に位置するDEXは、スラスターやエアロドロームなどの新興勢力によって挑戦を受けています。

ブラスト発のスラスターは、前年同期比で464.4%増加し、60億ドルの取引量を記録しました。

6月には市場シェアの3%を占め、第2四半期で最大の成長を遂げました。

一方、エアロドロームは297.4%増加し、59億ドルの取引量を記録して市場シェアの3%を獲得し、トップ10に入りました。

スラスターはブラストポイント農業の恩恵を受け、エアロドロームはベースでのミームコイン取引の急増が成長の要因となったようだ。

リップルCEOは、SECとの法廷闘争は「まもなく終わるだろう」と述べる - ブルームバーグ

ブルームバーグ経由の画像

Ripple(リップル)社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏は、最近のブルームバーグとのインタビューで、SECとの法廷闘争が「すぐに終わる」と予想していると述べました。

しかし、彼は和解交渉についてはコメントを避け、訴訟がいつ終わるかを正確に予測することはできないとしています。

今週初め、リップル系列のXRPトークンは和解の噂により価格が急上昇しましたが、その後、リップルと代理店の間の会議が中止されたため、利益を失いました。

市場の低迷にもかかわらずXRP価格急上昇:Ripple対SEC判決が迫っているのか? - FIntCrypto

1年以上前、アナリサ・トーレス判事は、XRPトークンの二次販売が証券の提供を構成しないと裁定しました。

ガーリングハウス氏によると、リップルはSECとの3年間の法廷闘争で1億5000万ドル以上を費やしており、すべてのトークンで同じことをするのは不可能だと述べています。

ガーリングハウス氏は、この訴訟が仮想通貨業界にとって重要なケースであり、リップルは規制の明確さを求め続けると強調しました。

また、仮想通貨については、米国では特定の政党に偏っているわけではなく、さまざまな政治的立場の人々が法案の推進に関わっており、その勢いがあると述べています。

彼は、米国での明確な仮想通貨規制の枠組みの欠如が「イライラする」とし、業界はSECからの法的措置に対処しなければならないと述べました。

さらに、SEC(米証券取引委員会)議長のゲイリー・ゲンスラー氏が仮想通貨と「戦争中」であり、当局がより多くの訴訟を起こすために弁護士を増員していると付け加えました。

ガーリングハウス氏は、執行による規制が最善の方法ではないと確信しており、ほとんどの仮想通貨業界のプレイヤーたちはルールに従いたいと考えていると主張しています。

著名なアナリストは、ビットコイン価格が71,000ドルに達するための条件を共有

ビットコイン(BTC)の価格は過去24時間で1.19%の上昇をし、一時的に67,000ドル以上に戻りました。

しかし、その後筆記時点では(-0.70%)の小幅な下落で66,615ドルで取引きされている。

ビットコインは、さらなる価格上昇の予測がいくつかある中で、ある程度の安定性を見つけたようです。

興味深いことに、X上でRekt Capital氏という人気のある仮想通貨アナリストは、ビットコインが現在のポジティブなパフォーマンスに基づいて構築する可能性のある特定のシナリオを発表しました。

x.com

7月20日のXの投稿で、Rekt Capital氏は、ビットコインが前日の日足を65,000ドル以上のサポートレベルで閉じたことを共有しました。

アナリストによると、5月中旬に見られるようにBTCがこのレベルまでの価格下落を経験した場合、再テストが成功すると、トークンは現在の価格上昇を再燃させることができます。

この予測の開発に続いて、Rekt Capital氏は、仮想通貨市場のトップが6月上旬に最後に見られた価格帯である71,500ドルに達する可能性があると予測しています。

しかし、その後の投稿で、Rekt Capital氏は、ビットコインが短期的にこのレベルを超える利益を記録しないかもしれないとも示唆しています。

x.com

代わりに、BTCは65,000ドルから71,500ドルのレンジ内での価格変動を繰り返し、8月まで続くと予想されます。

しかし、このゾーンからの潜在的ブレイクアウトは、資産が史上最高の価値である73,750ドルを超える可能性があります。

あるいは、65,000ドルが強力なサポートレベルとして機能しなかった場合、BTCの価格は60,000ドルに下がる可能性があります。

7月の第1週に見られるように、圧倒的な売り圧力の存在下で、BTCはさらに約56,000ドルから58,000ドルに減少する可能性があります。

ただし、彼の最新のX投稿(21日)では、65,000ドル〜71,500ドルの範囲の価格帯が確立されるための条件は、ビットコインの価格が65,000ドル以上を維持することであり、特に、予期しない価格の下落があった場合でも、65,000ドルがサポートとして機能することが必要であると述べている。

彼は、「現在のところ、ビットコインはこの条件を満たしており、順調に推移しています。」と付け加えた。

x.com

ビットコインの価格パフォーマンスは現在、CoinGeckoのデータによると、すべての主要な時間枠でプラスであり、過去1週間と1ヶ月それぞれ11.2%と4.1%の利益を上げています。

Source: CoinGecko/bitcoin

SOL(Solana)は強気の勢いが高まる : 価格は175ドルの抵抗帯に向かっている

SOL(Solana)の価格は最近、強気の回復を見せ、弱気のトレンドラインを突破して大きく成長しています。

市場参加者は、175ドルの抵抗が重要なポイントであり、この価格行動を注視しています。

175ドルを超える突破は、SOLを175ドルの目標に向かって推進する可能性のあるラリーの段階を設定するかもしれません。

現在、SOLに対する強気の感情が高まっています。

この記事では、SOLの価格が弱気のトレンドラインを上回る動きを見せていることに注目し、その動きが持続的な成長を示唆するテクニカル指標について解説していきます。

この記事の目的は、SOLの将来の動向を幅広く理解することです。

SOLの価格は約169ドルで取引されており、執筆時点で時価総額は780億ドルを超えましたが、取引量は21億ドルで約40%の減少を見せています。

取引量は減少傾向ですがSOLは現在、100日、200日SMAを超えて取引されており175ドルのレジスタンスに向かって強気の動きを試みています。

この強気の勢いは、SOLを175ドルに達する可能性を秘めています。

現在の価格行動は、ソラナが175ドルのレジスタンスに向かってトレンドラインを上回る強気の動きに火をつける寸前であることを示唆しています。

これには、MVRV-Zスコアが2.12を示しており、市場価値が実現価値よりもかなり高いことを示しています。

この数値が高いほど、市場が過熱している可能性があり、価格調整(下落)のリスクが高まることを示唆します。

ただし、2.12は非常に高い数値ではなく、一定の注意が必要だが、直ちに過熱状態を意味するわけではありません。

つまり、2.12という数値は、過熱や過小評価の範囲に入らないため、市場が適切に評価されていることを示しています。

数値が3以上になると、市場が過熱し過大評価されている可能性が高く、価格調整のリスクが増大します。

したがって、MVRV-Zスコアが3を超えるまでは、価格がさらに上昇する余地があると考えられます。

ただし、上昇が続くにつれて過熱状態に近づく可能性があるため、注意も必要です。

SOLがこのレベルを達成し、それを超えると、188ドルの目標に向かってさらに上昇する可能性があります。

このレベルが破られれば、SOLは204.28ドルと209ドルのレジスタンスレベルと、それ以上の他のレベルに向かって価格上昇を経験する可能性があります。

しかし、ソラナが175ドルのレジスタンスを突破できなかった場合、160ドルと154ドルのサポートレベルに向かって新たな下落トレンドが始まる可能性があります。

さらに、この通貨は追加の値下げを経験する可能性があり、このサポートが侵害された場合、118ドルのサポート範囲とより低いレベルに挑戦する可能性があります。

日本の仮想通貨市場の成長と課題:投資家が知っておくべきポイント

2024年、特に7月はビットコインカンファレンス2024の大規模イベントや現物イーサリアムETFの取引開始があり、さらに11月の大統領選でドナルド・トランプ氏が再びカムバックする可能性が高まっていることから、暗号資産市場は大いに期待されています。

これらの大きなイベントによって、日本人が仮想通貨に参入する可能性はどれほどあるでしょうか?

また、今年から暗号資産に参入する人にとって、日本の暗号資産市場の現状を理解することは非常に重要です。

日本の暗号資産市場は、規制、投資、イノベーションの面で独自の特徴を持っています。

リスク軽減から税務政策まで、業界の発展を支えるために多方面で努力が行われています。

規制は他国に比べると多少厳しいですが、積極的であり、起業家や投資家に比較的安定した環境を提供しています。

しかし、高い税負担と長い承認プロセスは、依然として業界の発展を妨げる主な課題となっています。

Bitget調査によれば、多くの日本の投資家は、SNSやキーオピニオンリーダー(KOL)を通じて暗号資産について学んでいます。

この傾向は特に若い世代で顕著であり、18〜30歳の投資家の41%が暗号資産投資を理解するために影響力のある個人に依存しています。

信頼されているSNSには、YouTube(32%)、Twitter(23%)、Line(15%)、Instagram(13%)、TikTok(9%)が含まれます。

データによると、Discord、Telegram、Redditなどの技術的に高度なソーシャルチャンネルは、これらのチャネルがより高いリスクを伴うと認識されているため、日本のユーザーからはあまり信頼されていません。

日本の規制要件では、暗号資産取引所は金融庁(JFSA)からライセンスを取得する必要があります。ほとんどの認可された暗号資産取引所は、東京または大阪に登録されています。

日本の自民党デジタル社会推進本部のWeb3プロジェクトチームは、2023年4月6日に、Web3を国家戦略として取り入れることを検討したホワイトペーパーを発表しました。

この取り組みの一環として、日本政府はブロックチェーン技術の研究と応用を促進するために多額の資金を投入しています。

具体的には、内閣府ブロックチェーン技術の革新と実用化を支援するために、複数の特別基金を設立しました。

また、日本政府はブロックチェーン技術の基準設定と規制枠組みの構築において、他国との国際協力と交流を積極的に進めています。

日本の法律では、暗号資産は「お金」として扱われず、法定通貨と同じようには見なされません。

また、暗号資産は日本政府や日本銀行(BOJ)によってサポートされていません。

しかし、2020年7月2日、日銀は「中央銀行のデジタル通貨が現金同等物として機能する技術的課題」という報告書を発表しました。

この報告書では、中央銀行のデジタル通貨であるステーブルコインの(CBDC)が現金と同じように機能するための技術的な問題がまとめられています。

また、日本はCBDCを現金と同じように使えるかどうかを調査する可能性があると述べています。

これに基づき、日本は2021年4月から2022年3月まで「概念実証フェーズ1」を実施しました。

このフェーズでは、CBDCシステムの基盤となるCBDC台帳のいくつかの設計パターンを使って実験環境を作り、CBDCの基本機能が適切に動作するかどうかを検証しました。

フェーズ1の後、2022年4月から2023年3月にかけて「概念実証フェーズ2」が行われました。

このフェーズでは、CBDCに関する特定の重要な処理性能と技術的能力を確認するために、フェーズ1で検証されたCBDC台帳に関連するいくつかの周辺機能を追加しました。

また、日本銀行は、CBDCに関するデータモデルとデータベースに新しい技術を適用する可能性も検討しました。

日本政府はまだ日本でCBDCを発行するかどうかを決定していませんが、この点については引き続き議論が行われています。

一方で、日本は外部環境の将来の変化に迅速に対応できるように、技術実証試験の継続的な実施を含む、CBDCの将来の発行の準備を続けることが重要だと考えています。

それにも関わらず、CoinGeckoの2024年データによると、暗号資産の取引に関心がある国別のランキングでは、日本のユーザーはアメリカやヨーロッパに比べて比較的少ないシェアを占めています。

これは以下の要因が組み合わさっているためです。

  • 日本の投資家は伝統的な資産クラスにしか関心がなく、暗号資産のような新しい資産クラスに対して慎重です。

  • 多くの日本人は、中央集権型の取引所(bitFlyerCoincheckなど)を利用しており、非中央集権の分散型取引所(DEX)での取引を活用していません。

  • 日本では規制は厳しくないものの、暗号資産に関する税制が厳しいです。

  • アメリカと比べて、日本の暗号資産市場はまだ成長途上であり、遅れていると見られています。

  • 副業や投資に対して懐疑的な見方を持つ人々が多く、安定した労働と貯蓄を重視する生き方を尊重しています。

それでは、中央集権型と非中央集権型の違いはなんでしょうか?

中央集権型取引所(CEX)は、取引所が取引を仲介し、ユーザーの資産を管理します。

例えば、国内ではCoincheckbitFlyer、SBI VC Trade等が該当します。

これらの取引所は、政府の規制を受けることが一般的です。

一方、非中央集権型取引所(DEX)はユーザー同士が直接取引を行い、スマートコントラクトを用いるため、第三者や政府の介入がありません。

DEXの利点は、ユーザーが直接取引できるためプライバシーが保たれ、第三者の介入がないことです。

さらに、資産の管理を自分自身で行うため、取引所のハッキングリスクが低減されます。

そして、暗号資産に関する税制は日本では非常に厳しく、最大で55%の税率が適用されます。

例えば、仮に暗号資産で1億円の利益を上げても、実際に手元に残るのは約4,500万円にしかなりません。

具体的には、暗号資産の利益は「雑所得」として分類され、累進課税が適用されます。

所得税最高税率は45%で、これに住民税の10%が加わり、合計で最大55%となります。

この税率は所得の額によって変動し、所得が少ない場合は税率も低くなります。しかし、所得が多い場合は最高税率が適用されます。

令和6年度の税制改正により、法人が持つ暗号資産に関する税制が見直されました。

この改正により、特定の条件を満たす暗号資産については、含み益に対する課税なしで保有を続けることが可能となります。

具体的には、法人が保有する暗号資産のうち、「特定譲渡制限付暗号資産」に該当するものについては、その期末の評価方法が変更されました。

これまでは「時価法」が用いられていましたが、今後は「原価法」または「時価法」のうち、その法人が選んだ評価方法を使用することができます。

これにより、法人は含み益に対する課税を避けることができるようになります。

ただし、財務省によれば、外国為替および外国貿易法(外為法)に基づき、日本と外国、または日本居住者と非居住者との間で、日本円に換算して3000万円相当額を超える支払いまたは支払いの受領を行う場合には、財務大臣への報告が必要となります。

また、CAESP(金融機関等)は、疑わしい取引を検出した場合、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(犯罪収益移転防止法)に基づき、金融庁長官に報告する義務があります。

そして、日本における相続税と暗号資産の問題は複雑であり最も頭を悩ませる要件です。

現時点では、暗号資産に関する明確な法律や判例がないため、相続に関する取り扱いが不確実です。

日本の民法では、相続は故人の死亡時に発生し、その時点で暗号資産も相続人に引き継がれることになります。

しかし、ここからが重要な注意点であり、テストに出ます。

暗号資産の匿名性により、秘密鍵やパスワードが相続人に知られていないと、暗号資産を特定して収集するのが非常に困難です。

秘密鍵やパスワードがわからなくても、相続財産として暗号資産を認識できる限り、理論上は相続税が課される可能性があります。

こうした問題に対処するためには、秘密鍵やパスワードを明記した遺言を公証人のもとで作成し渡しておくことが一つの解決策となりえます。

しかし、これらの新しい問題に対応するために、日本の法律や法的枠組みを今後改善する必要があることは明白と言えるだろう。

このような税制が、日本人にとって暗号資産への投資意欲を削ぐ大きな障壁となっています。

暗号資産の税制が比較的緩い国としては、以下の国々が挙げられます。

  1. アメリ:

  2. ドイツ:

    • 暗号資産を1年以上保有した場合、そのキャピタルゲインは非課税です。
    • 1年未満の保有やマイニング、ステーキング報酬などは所得税の対象となり、税率は0%~45%です。
  3. スイス:

    • 個人投資家が暗号資産から得たキャピタルゲインは非課税です。
    • ただし、マイニングやステーキング報酬、エアドロップなどは通常の所得として課税されます。
  4. ドバイ(アラブ首長国連邦:

日本では暗号資産に対する信頼がまだ十分ではないことが、税制の次の障壁となっています。

詐欺や不正取引の報道が影響し、多くの人々が仮想通貨に対して懐疑的な見方を持っています。

特に30代以上の中年層やシニア世代では、「暗号資産=詐欺では?」という認識が根強く残っています。

一方で、若者の間ではこの傾向は比較的少ないようです。

今年の1月にはビットコイン(BTC)は、伝統的な投資ファンドETF)対象としてSEC(米証券取引委員会)に正式に承認された歴史的な瞬間がありました。

そして、ビットコインの次に人気なイーサリアム(ETH)は、2024年7月23日に現物型イーサリアムETFの取引が開始される見込みです。

ブラックロックはついにS-1を申請、現物イーサリアムETFの手数料を0.25%に設定 - FIntCrypto

現物イーサリアムETFが取引を開始すると、2024年の暗号資産市場に大きな影響を与える可能性があります。

米国最大の資産運用企業のブラックロックそして、JPモルガンらは、ビットコインに対して再評価し始めており「全ての投資家は投資ポートフォリオビットコインを含めるべきだ」と強調しています。

ブラックロックのCEOラリー・フィンク氏は「ビットコインは合法的な金融商品である」と述べる - CNBC - FIntCrypto

監視リソースBitcoinStimulusによると、2020年4月にパンデミックの給付金として米国市民に支給された1,200ドル(当時のレートで約12万円)の給付金を全額ビットコインに投資していた場合、その価値は現在11,983ドル(約188万円)になっています。

Source: BitcoinStimulus

これは899%(約9倍)の増加を示しています。

暗号資産の利用や規制が今後さらに進むことで、日本も徐々にその認識が変わっていく可能性があります。

この記事は、投資を勧めるものではありません。

投資は自己責任で行うべきであり、慎重さが求められます。

つまり、暗号資産への投資が全てではありません。

暗号資産の基盤であるブロックチェーン技術は、さまざまなビジネスに応用されています。

また、ご自身で暗号資産のトークンを発行して世に出すことも可能です。

暗号資産の発行にはプログラミングなどの技術が必要な場合もありますが、トークンの発行を代行してくれるサービスも存在します。

企業は、トークンの発行、管理、運用に関するサポートを提供しており、技術的な知識がなくても誰でもトークンを発行することができます。

例えば、ソラナ(SOL)基盤のトークンを発行する際のガス代(手数料)は非常に低く抑えられています。

ソラナの手数料は1トランザクションあたり約0.00001ドル(約0.001円)です。

したがって、仮に数万円という少額を用意しても、非常に多くのトランザクションを処理することが可能です。

ただし、トークン発行を企業に代行してもらう場合、ガス代以外にも発行手数料や管理費用などがかかることがあります。

CoinGecko Researchによる最新のデータによると、現在の暗号資産の数は252万を超え、わずか3年前の44万から5.7倍に増加しています。

CoinGeckoが明らかにする新トークンの波とその急速な成長 : 2024年の活性化に注目 - FIntCrypto

円の価値が低迷しているため、多くの日本人や円を持つ外国人が、他の投資先を探しているのは理解できます。

暗号資産企業はこの状況を認識しており、積極的にサービスを提供しています。

日本の金融庁(FSA)に登録されている約30の暗号資産取引所があり、これらの取引所は顧客に安心感を与え、暗号資産業界の悪いイメージを払拭しようとしています。

しかし、一部のユーザーが暗号資産サイトにアクセスすると、英国の金融行動監視機構(FCA)からの厳しい警告に遭遇します。

「ほとんどの暗号資産は非常に不安定で、その価値は急激に変動する可能性があります。投資したすべてのお金を失う覚悟が必要です」と規制当局は警告しています。

また、当局は市場がほとんど規制されておらず、サイバー攻撃、金融犯罪、企業の破綻などのリスクがあると指摘しています。

「投資する前に、自分で調査を行うべきです。何かが本当であるには良すぎるように思えるなら、それはおそらくそうです」とも述べています。

結論として、日本人にとって暗号資産投資への障壁は課税です。

日本では、暗号資産は従来の金融商品と比べて非常に高い税率が適用されます。

消費税はかかりませんが、所得税相続税の対象となります。

さらに、暗号資産の損失を課税所得から差し引くこともできません。

日本政府は脱税者に対して厳しい姿勢を示しており、暗号資産を政府に開示することが重要です。

ビットコイン(BTC)の価格は66,000ドルに急上昇 - アナリストは売りシグナルを示唆

ビットコインの価格は、7月5日に最近の下落から急速に回復し、6ヶ月ぶりの安値53,500ドルから66,000ドルに戻りました。

これは、3月に到達した史上最高値の73,700ドルを再び目指す動きです。

米国がビットコインを戦略的準備資産として採用する可能性についての憶測が高まっています。

7月27日にナッシュビルで予定されているドナルド・トランプ米大統領の登場により、ビットコインが米国経済の重要な要素として発表される可能性があり、これがビットコインの価格を大幅に押し上げると予測されています。

元気なトランプ氏、ナッシュビルのBTCカンファレンス2024は参加予定 - FIntCrypto

ビットコインの価格が回復を続ける中、著名な仮想通貨アナリストのアリ・マルティネス氏は、TDシーケンシャル指標が売りシグナルを示していることを発見しました。

x.com

しかし、ビットコインが重要な67,500ドルのしきい値を超えて閉じることができれば、このシグナルは無効になる可能性があります。

現在のビットコインの価格はCoinMarketCapのデータによれば66,737ドルで、過去24時間で4.61%増加し、過去1週間で16%以上の急増を見せています。

マルティネス氏が指摘したレベルを上回る終値を維持することは、70,000ドルの目標に向かうために重要です。

ビットコインの上昇傾向は強いですが、67,600ドル、68,380ドル、69,700ドルのレベルで抵抗に遭遇する可能性があり、価格上昇に課題をもたらすかもしれません。

一方で、ビットコインは現在62,898ドルに位置する100日指数移動平均(EMA)からサポートがあります。

これは中期的なトレンドを示す指標であり、しばしば強力なサポートレベルと見なされます。