FIntCrypto

仮想通貨市場は不確実性とポテンシャルが輝く世界

ドージコインは統合の最終段階か?:アナリストが7.5ドルへの急騰を予測

仮想通貨アナリストでもあるトレーダー・ターディグラード氏は、ドージコイン(DOGE)の価格が将来大きく上昇する可能性があるという見解を示しました。

彼は、ドージコインが特定のパターンを形成しており、これが過去にも見られた強気のサインであると分析しています。

x.com

具体的には、ドージコインが三角形のパターンを形成しており、これが完了すると価格が急騰すると予測しています。

彼の予測では、ドージコインの価格は最大で7.5ドルに達する可能性があるとしています。

また、ターディグラード氏は、以前のX投稿でドージコインが「ひしゃくパターン」と呼ばれる別の形状を形成しているとも指摘しており、これが完了すると価格が2ドルを超える可能性があるとも述べています。

x.com

他の仮想通貨アナリストも同様の強気の見解を示しており、Javon Marks氏はドージコインが17ドルに達する可能性があると予測しています。

x.com

しかし、すべてのアナリストがドージコインに対して楽観的なわけではありません。

別のアナリストであるKevin氏は、ドージコインが重要な移動平均を下回っており、これが短期的には弱気の兆候であると警告しています。

x.com

彼によると、これらの移動平均を取り戻せない場合、ドージコインの価格はさらに下落する可能性があるとのことです。

CoinMarketCapのデータによれば、執筆時点では、Dogecoinは約0.12ドルで取引されており、過去24時間で2.24%の上昇です。

これらは、仮想通貨市場における様々な専門家の意見を反映しており、ドージコインの将来の価格に関する予測は様々です。

投資家はこれらの分析を参考にしつつ、自身のリスク許容度や投資戦略に基づいて慎重に行動することが重要です。

クジラ(大口投資家)は、柴犬価格が低迷してる中でSHIBを660万ドル(10億円)相当を購入

仮想通貨界で話題の一つとなっている出来事ですが、ある大口投資家が、柴犬コイン(SHIB)を大量に購入しました。

この投資家は、約660万ドル(約10億4,761万円)に相当する3538億3000万SHIBを手に入れたことが、ブロックチェーン分析ツールであるLookonchainによって明らかにされました。

x.com

この「クジラ」と呼ばれる投資家は、現在8388億7000万SHIBを保有しており、これは約1550万ドル(約24億6,031万円)の価値があるとされています。

さらに、このクジラはSHIBによって612万ドルの利益を得ています。

柴犬コインは、しばしば「ドージコインキラー」とも呼ばれ、創設以来、価格の大きな変動を経験しています。

現在のSHIBの価格は0.00001815ドルで、過去24時間で0.17%の小幅な上昇となっています。

過去30日間では22.38%も下落しており、50日、100日、200日の指数移動平均(EMA)を下回って取引きされています。

RSI指数も30以下で売られ過ぎを示しており、市場全体の弱気な動きを反映しています。

ここ数日間、売られ過ぎからの反発予兆は見られません。

最近の価格下落は、市場全体の下降トレンドを示しています。

しかし、このクジラの最新の動きは、将来的な価格の急騰を見越して、現在の低価格でSHIBを購入するという戦略的な意図を示していると考えられます。

この大規模な購入がSHIBの価格が低迷しており、安定しない中で行われたという事実です。

市場に大きな影響を与える可能性のある大口投資家が、このような大規模な取引を行うことは珍しくありません。

このクジラが大量のミームコインを購入し、合計で838.87億SHIBを保有していることは、仮想通貨の将来に対する信頼の表れとも言えます。

また、612万ドルの利益を出していることは、市場のタイミングを見極めるクジラの能力も示しているといえます。

このような大規模な購入は、一般の投資家の関心を引き、投機を促すことで、仮想通貨の価格を押し上げる可能性があります。

この「クジラ効果」と呼ばれる現象は、市場に波及効果をもたらし、単なる即時取引以上の影響を与えることがあります。

現在のSHIBの市場状況は弱気ですが、クジラの大規模な投資は、価格が再び上昇することへの期待を示しています。

市場の感情が変わり、経済全体の状況が好転すれば、SHIBの価値は回復する可能性もあります。

日本の仮想通貨取引所BitFlyerがFTX Japanを買収

日本の仮想通貨市場における大きな動きがありました。

国内で最大の仮想通貨取引所BitFlyerビットフライヤー)ホールディングスが、FTX取引プラットフォームの日本部門であるFTXジャパンの買収を進めていた事が明らかになりました。

x.com

米国破産裁判所の手続きが完了した後に、bitFlyer Holdings の完全子会社となると述べている。

この取引は数十億円規模と見られており、日本経済新聞も6月20日に報じています。

www.nikkei.com

この買収が完了すれば、FTXジャパンはその主要事業を変更し、機関投資家向けの暗号資産の管理や保管サービスを提供する方向にシフトする見込みです。

FTXジャパンは、2022年11月にFTXが経営破綻した際に影響を受けた企業群の一つでした。

同社は顧客の資産がFTXの破産手続きに含まれていないことを強調し続け、2023年2月に顧客への返金を行い、その後出金を再開しました。

また、FTXは以前、日本の仮想通貨取引所Liquidを買収し、その後2022年初頭にFTX Japanを設立しましたが、数ヶ月で崩壊しました。

x.com

この話題はまだ進行中であり、新しい情報が入り次第、更新されることでしょう。

マイクロストラテジー社は、8億ドルの社債取引を経て大量のビットコインを保有資産に追加

ビジネスインテリジェンスの大手企業であるMicroStrategy社が、ビットコインを大量に購入したことが話題になっています。

彼らは最近、1BTCあたり平均65,883ドルで、合計7億8600万ドル(約1,246億367万円)を投じて11,931ビットコインを追加購入しました。

x.com

これにより、同社は現在、合計で226,331ビットコイン保有しており、これは企業としては世界最大のビットコイン保有量です。

さらに60億ドル以上の未実現利益があります。

セイラー氏は今年の2月のブルームバーグとのインタビューで、MicroStrategyはビットコインを売却する予定はなく、金、S&P 500、または不動産よりも技術的に優れていると述べていた。

「ビットコインを売却するつもりはない」、マイクロストラテジーCEOの決断 - FIntCrypto

この新しいビットコインの購入は、MicroStrategyが発行した転換社債から得た資金と余剰現金の収益を使用して行われました。

転換社債とは、将来的に株式に変換できる債券のことです。

先週、MicroStrategyはビットコイン買収戦略に資金を提供するために5億ドルの転換社債を発行する計画を発表し、その後、取引を7億ドルに引き上げました。

最終的に、同社は合計で8億ドル分の転換社債の提供を完了しました。

この最新の購入により、MicroStrategyのビットコインの平均購入価格は36,798ドルになりました。

一方で、ビットコインの価格自体は66,000ドルを超え、66,436ドルまで上昇しています。

しかし、MicroStrategyの大規模な購入にもかかわらず、市場にはほとんど影響がなかったようです。

これは、同社が先週に債務を売却して資金を集めたことが、すでに市場に織り込まれていたためと考えられます。

株式市場では、MicroStrategyの株価が前日比2.56%上昇し、1年間で114%もの大幅な上昇を遂げています。

これは、ビットコインの価格上昇を大きく上回るものです。

しかし、同社のこのような積極的なビットコイン購入戦略は、一部の批評家からは疑問視されています。

特に金融評論家のピーター・シフ氏は、MicroStrategyのCEOであるマイケル・セイラー氏が、ビットコイン市場を支えていると指摘しています。

x.com

シフ氏は、セイラー氏がビットコインの価格を支えるために、会社の資金を使っているのではないかと示唆しています。

オーストラリア最大の主要証券取引所が初の現物ビットコインETFを上場

オーストラリアの株式市場に新しいビットコイン関連の金融商品が登場しました。

この新しい商品は、ビットコイン取引ファンド(ETF)と呼ばれ、仮想通貨市場への投資家の関心が再び高まる中で、資産運用会社によって提供されています。

x.com

このETFは、VanEckのウェブサイトによれば、VanEck Bitcoin ETF(VBTC.AX)という名前で、オーストラリア証券取引所で取引が開始されました。

初日の取引で約990,000オーストラリアドルの資産を持っており、これは大手取引所であるASX (オーストラリア証券取引所)との長い交渉の結果です。

また、現地取引の約80%を管理しており、5月ではASXの国内時価総額は2.6兆ドルだったと、公式ウェブサイトは示している。

このファンドはビットコインを直接保有するのではなく、米国に上場しているVanEck Bitcoin Trustへの投資を通じて運用されます。

VanEckはヨーロッパでも同様の12の仮想通貨ファンドを管理しています。

米国では、規制当局が今年の1月に仮想通貨ETFを承認したことで、投資家はこれらのファンドに数十億ドルを投資しました。

香港でも4月に6つのファンドが立ち上げられましたが、そちらはまだ大きな注目を集めていません。

VanEck Australiaは、米国の規制当局の承認がブローカーやファイナンシャルアドバイザーからの同様の商品への関心を急速に高めたと述べています。

ビットコインの価格は2023年以降、ほぼ3倍に増加しましたが、3月のピーク以降は横ばい状態が続いています。

ビットコインの1か月強気ラリー終了:価格が65,000ドルを下回る展開 - FIntCrypto

オーストラリアにはCBOEグローバルマーケットの現地子会社が運営する別の取引所があり、そこではすでにいくつかのビットコインETFが取引されています。

しかし、VanEck Bitcoin ETFは、オーストラリア証券取引所で取引が開始された最初のETFであり、BHPやコモンウェルス銀行CBAなど、国内で最も有名な企業のいくつかと同じ場所で取引されています。

このように、仮想通貨市場への投資がより一般的な金融市場に組み込まれていく動きが見られます。

ビットコイン市場警告:ドイツ政府機関が4億2500万ドル相当のBTCを取引所に送金 - Arkham報告

最近、ビットコインの価格が64,000ドルまで下落し、これは過去1ヶ月間での最低値です。

この急激な価格の下落は、ビットコインの将来に楽観的な投資家たちの間で不安を引き起こしました。

彼らは、価格がさらに下がる可能性があると懸念しています。

さらに、オンチェーンデータ分析会社Arkham(アーカム)の報告によると、ドイツ警察が所有するウォレットから4億2500万ドル(約671億9,367万円)相当のビットコイン仮想通貨取引所に移動されたことが判明しました。

Source: Arkhamintelligence

このニュースは、なぜドイツ警察がこれを行ったのか、そしてこれが市場にどのような影響を与えるかについての推測を呼び起こしました。

具体的には、仮想通貨データ分析会社アーカムは、ドイツ政府が所有するとされる「ドイツ政府(BKS)」という名前のウォレットが6,500BTC(約4億2500万ドル相当)を移動したことを検出しました。

Source: Arkhamintelligence

このウォレットは、2024年1月末に50,000BTC以上を保有していたことが知られており、最近、その資金を新しいアドレスに移動しました。

移動されたビットコインの一部は、KrakenやBitstampといった有名な大手取引所に送られました。

これは、ドイツ政府が1月に行った50,000BTCの大量押収に続くものです。

その時の押収は、ドイツ史上最大の仮想通貨の押収とされていました。

押収されたビットコインの大部分は、ドイツ警察によって保管されており、容疑者は自らの意志でビットコインをドイツ連邦刑事警察(BKA)が管理する公式のウォレットに移動しました。

現在、この政府のウォレットには43,350BTCが保管されており、その総額は28億ドルを超えています。

仮想通貨アナリストのDaan Crypto Tradesは、ドイツ政府のウォレットから取引所へのビットコインの移動が、市場における売り圧力を高め、ビットコインの価格にわずかながらも下降圧力を与えた可能性があると指摘しています。

x.com

このような大規模な移動は、ビットコインの価格に影響を与える可能性があるため、市場参加者の間で懸念が生じており警戒が必要です。

Nvidiaが時価総額でMicrosoftとAppleを上回る - AIトークンのFetch.AIとRenderは急騰

火曜日に、アメリカのグラフィック処理ユニット(GPU)製造大手のNvidiaが、市場価値でテクノロジー業界の大手であるMicrosoftAppleを抜き、最も価値のある企業の一つに躍り出ました。

この驚異的な成長は、AI関連の仮想通貨の価格上昇にも火をつけました。

具体的には、Nvidiaの株価は135.58ドルに達し、その市場価値は3.33兆ドルに上ります。

これに対して、MicrosoftAppleの市場価値はそれぞれ3.31兆ドルと3.28兆ドルです。

Source: CompaniesMarketCap

この成長の背後には、AI技術が様々な産業でますます重要になっていることがあります。

実際、Nvidiaの最新の四半期収益報告レポートによると、データセンター部門の収益は前年比で427%増の225.6億ドルに達しました。

この部門には、AIサーバー向けのチップやコンポーネントが含まれています。

Nvidiaの成功は、AIをテーマにした仮想通貨市場にも波及しています。

例えば、Fetch.AI(FET)やRender(RNDR)といった主要なAI関連仮想通貨は、過去24時間で価格が大きく上昇しました。

FETは17.98%増の1.36ドル、RNDRは8.27%増の7.70ドルで取引されています。

さらに、オンチェーン分析ツールであるSantimentのデータによると、RNDRの社会的ボリュームは33.33%増加しています。

長期的に見ると、NvidiaがAIと仮想通貨分野に与える影響はさらに大きくなると予想されています。

資産運用会社Bitwiseのレポートによれば、AIのブームはデータセンターに大きな影響を与え、AIチップの不足や電力アクセスの問題を引き起こしています。

また、強力なチップと高度な冷却システムを備えたビットコインマイナーは、AI企業が必要とするインフラを提供しています。

レポートによれば、PwCの予測では、AIと仮想通貨は2030年までにそれぞれ15.7兆ドルと1.8兆ドルを世界経済に追加する可能性があります。

これを合わせると17.5兆ドルになりますが、これらの技術が相互に作用することで、経済への影響が20兆ドルを超えることもあり得ると彼らは考えているそうだ

つまり、2030年までに世界のGDPに20兆ドルを追加できると予測しています。

AIチップとGPUの大手メーカーであるNvidiaは、需要の増加に伴い、大きな利益を得ることができるでしょう。

このように、Nvidiaの成長は、AIと仮想通貨の世界において、重要な役割を果たしているのです。