CryptoWise’s blog

仮想通貨市場は不確実性とポテンシャルが輝く世界

ビットコイン、ユーロ建でも史上最高値60,000を突破

ビットコインは、3月4日にユーロ建てでの価格が過去史上最高値を記録し、一時60,000(約9,790,800円)ユーロを突破しました。

これは、ビットコインが2021年9月に53,000ユーロで更新した前回の最高値を大きく上回るものだ。

トレーディングビューのデータによるとビットコインは3月4日の午前8時30分(日本時間では同日の午後17時30分)に60,393ユーロまで上昇し、その日の安値から約5%も高くなった。

BTC/EUR

この時点で、ビットコインは年初から約56%も値上がりしている。

ビットコインは、ユーロだけでなく、他の多くの通貨に対しても2024年に入ってから高値を更新している。

特にビットコインは、世界最大の通貨である中国元(CNY)では、2月下旬に約414,000元という歴史的な水準を超えた。

現在は、1 BTC = 479,824元(約10,025,673 円)で取引されています。

xe.comチャート参照

コインベースの元CFOであるバラジ・スリニヴァサン氏は、2月28日までに、ビットコインは30カ国以上で最高値を更新したとツイートしました。

x.com

その中には、中国やインドのほか、日本や韓国、アルゼンチンなども含まれている。ちなみに日本円では、5日の未明に初めて1000万円の大台を突破した。

しかし、ビットコインはまだすべての通貨に対して最高値を更新したわけではありません。

米ドルでは、2021年11月に記録した69,000ドルという最高値には届いておらず、筆記時点では66,000ドル前後で推移している。

英ポンドやスイスフラン、ブラジルレアル、メキシコペソなども、まだ前回の最高値を超えていない。

リバー・インテリジェンスのサム・ウォウターズ氏は、メキシコペソがビットコインにとって最も難しい目標だと述べた。

x.com

ビットコインは、メキシコペソでの最高値である約140万ペソから約24%も下落しており、現在は約110万ペソで取引されている。

ビットコインは、世界中のさまざまな通貨に対して、驚異的なパフォーマンスを見せています。

しかし、まだまだ長期的に見れば、価値が高まる可能性は高いと言えるでしょう。

上昇の余地はあると考えられる。

ビットコインは、今後も新たな新記録を打ち立てることができるだろうか?それとも、価格調整の局面に入ることになるだろうか。

ビットコインの価格は、短期的には大きく変動することがあります。

そのため、自分の資金力や目標に合わせて、慎重に取引することが求められます。

ビットコイン、過去最高値に挑戦中!イーサリアムETFは延期も影響なし - CryptoWise’s blog

ビットコイン、過去最高値に挑戦中!イーサリアムETFは延期も影響なし

BTC、過去最高値「69000ドル」を射程圏に

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)が強い上昇トレンドを維持している。

筆記時点では、前日比5.1%高の1BTC= 66,769.99(10,049,284円)で取引きされており、最高値は1BTC=67,930ドルとなり、2021年11月10日に記録した過去最高値の1BTC= 69044.77ドルに迫っている。

現在の価格は最高値と比べて約-10%低くなっています

この勢いなら、2009年にビットコインが誕生して以来、まもなく新記録を樹立するのではないかと期待が高まっている。

ビットコインの上昇要因の一つは、先物取引の活発化だ。

ビットコイン先物取引のOI(未決済建玉)総額は260億ドルを超え、2021年11月に過去最高値を記録した時の水準を上回っている。

これは、多くの投資家がビットコインの価格上昇を見込んでいることを示している。

もう一つの要因は、ビットコイン現物ETFの承認だ。

2024年1月に米国で初めてビットコイン現物ETFが承認され、個人投資家機関投資家ビットコインに簡単にアクセスできるようになった。

これにより、ビットコインの需要がさらに増えると見られている。

実際、ビットコイン現物ETF出来高は55億ドルと史上2番目の規模となり、ビットコイン流動性が高まっていることがわかる。

Glassnodeは、ビットコインの価格動向について興味深い分析を行っている。

「2021年のブル相場では、強気派は先物市場で大きくレバレッジをかけて価格を押し上げていたが、現在はそうではない」という。

「逆に、弱気派はショートポジションを持ち続けているが、それがショートスクイーズによってロスカットされることで、ビットコインの価格をさらに高めている」というのだ。

このように、ビットコインの需給バランスは変化しているが、その背後には、ビットコインETFの登場によって、機関投資家からの資金が急増しているという事実がある。

x.com

ビットコインは、新たな時代に突入しているのかもしれない。

一方、CoinDesk Japanが投稿した記事によるとイーサリアム(ETH)現物ETFの承認は、米SEC(証券取引委員会)によって延期された。

しかし、これは市場に大きな影響を与えなかった。

なぜなら、イーサリアムビットコインETF承認に続いて、近い将来に承認されるという期待が高まっているからだ。

また、イーサリアムは自身のネットワークのアップグレードや、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)などの分野での活用が広がっており、ビットコインに依存しない独自の価値を持っている。

ビットコインを大量保有する企業の動向も注目されている。マイクロストラテジーは、転換社債で600億ドルの資金調達を行い、さらなるビットコインの買い増しを行なった。

これは、ビットコインの価値が長期的に上昇するという信念の表れだ。

しかし、ビットコインの価格変動によって企業の財務状況が大きく影響を受ける可能性もある。

また、転換社債を株式に転換することで、株式の希薄化が起こり、既存株主の利益が減少するリスクもある。

アルトコインも好調!犬系コインやミームコインが人気

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を除くすべての暗号資産の価値は、1月22日以来50%増となった。

これは、アルトコインビットコイン以外の暗号資産)の市場が盛り上がっていることを示している。

アルトコイン時価総額も膨張しており、アルトシーズン(アルトコインビットコインに対して上昇する時期)の到来を予感させる。

特に、犬系コインやミームコインと呼ばれる、ユーモラスなキャラクターやネタをモチーフにした暗号資産が人気を集めている。

ドージコイン(DOGE)や、Shiba Inu(SHIB)、ボンク(BONK)などの犬系コインは、先週の先物取引高の内、1/3を占めたという。

また、PEPEやDogwifhat(WIF)などのミームコインも注目されている。

これらのコインは、インターネット上で話題になったり、有名人が推奨したりすることで、価格が急騰することがある。

例えば、SHIBは前日比66.07%高、mDOGEは13.6%高と大幅に上昇した。

CoinMarketCapデータによると、日間取引高はドージコインの64億2000万ドルに対し、柴犬は78億2000万ドルを記録した。

これは、ドージコインのパロディとして作られた柴犬が、ドージコインを上回る人気を獲得していることを意味する。

同様に、ぺぺ(Pepe)、フロキ(Floki)、ボンク(Bonk)などのミームコインが過去1週間に記録的な上昇を遂げ、価格が500%以上、取引量が3,000%近く上昇している。

これらのコインは、投機的な需要が高く、価格変動も激しい。

そのため、投資する際には注意が必要だ。

今回のミームコインの急騰は、2021年の強気相場におけるドージコインの急騰を彷彿とさせる。

ドージコインイーロン・マスク氏のツイートなどで注目を集め、爆発的な値上がりを見せた。

一部の投資家は、この変動性を利用して短期間で高いリターンを狙う。

しかし、ミームコインは非常にリスキーな投資でもある。

多くの人は、ミームコインに投資したお金を失うことになる。

また、ミームコインは仮想通貨市場の信頼性や真剣さを損なうという批判もある。

ミームコインは強気相場で急上昇することがあるが、その反動で急落することも多いです。

ピーク時の価値の80%以上を失うことも珍しくない。

このように、ミームコインは魅力と危険を併せ持つ仮想通貨である。

しかし、楽しみながら暗号資産の世界に触れることができるという点では、魅力的な存在だと言えるだろう。

SEC vs リップル: 米判事が資料提出期限の延長を認める - 法廷闘争の転換点を迎える

デジタル通貨の未来を巡る法廷の舞台では、XRPトークンの運命が重大な転換点に立たされています。

米証券取引委員会(SEC)とリップル社の間で繰り広げられるこの法的戦いは、暗号通貨の本質と規制の境界を問うものです。

米国地裁判事アナリサ・トーレスは、米証券取引委員会(SEC)とリップル社の訴訟において、SECに対する資料提出期限の延長を認めました。

しかし、これにより、XRPコミュニティはXRPの詳細を待つ時間が長くなり、同時にリップルとSECの間の和解交渉の憶測も引き起こされる可能性が高まりました。

3月1日に提出された裁判資料によると、SECがリップル社の求めた救済措置に関して、証拠資料の提出期限延長を認められました。

この延長により、SECは3月22日までに弁論準備書を提出することができます。

一方、リップルの反対意見書提出期限は4月22日まで延長され、SECの反論書提出期限は2024年5月6日となりました。

救済措置関連の弁論準備書は、訴訟に関連して検討または追求される可能性のある法的救済措置と行動を説明する文書です。

SECは、救済策関連の証拠開示文書と説明会を適切に審査するため、この短期間の延長を認める「正当な理由」が存在すると主張している。

原告はまた、リップルには不当な偏見を持たずに異議申し立て準備書面を提出するための追加の時間が与えられるだろうと付け加えた。

XRP弁護士のビル・モーガンは、SECの延長要求に反応し、ウェーブ・オブ・イノベーションXRP 2024ゴールドコーストカンファレンスとの日程が重なることに言及しました。

彼とジョン・デイトン弁護士は、基調講演を行います。

XRPの価格は過去24時間で5%以上上昇し、現在の取引価格は0.59ドルです。

取引量は70%増加しており、トレーダーの関心が高まっています。

SECによるリップル社への訴訟は、2020年12月にSECが同社とCEOのブラッド・ガーリングハウス、共同創設者のクリス・ラーセンを、XRPトークンの販売を通じて13億ドルの未登録証券取引を行ったとして告発したことから始まりました。

SECは、XRPトークンは証券に分類されるべきであり、厳格な規制を受けるべきだと主張しています。

一方、リップル側はXRPは証券ではなく、SECはXRPの分類について適切な通知を行わなかったと主張しています。

法的な舞台では、ハウェイテストという米国法の基準が中心的な議論となっており、SECはXRPがその条件を満たすと主張した。

しかし、リップル社はその適用に異を唱えています。

このテストは、取引が「投資契約」に該当するか否かを判断するためのものです。

2023年7月、アナリサ・トーレス判事は、個人投資家向けのデジタル資産取引所でのXRP販売に関して、リップル社に有利な判決を下しました。

これはXRPが証券ではないという見解を示すものでしたが、同時に機関投資家への販売に関しては証券とみなされる可能性があるとも述べました。

この訴訟の行方は、暗号通貨市場における規制の枠組みを形成する上で、重要な意味を持ちます。

今後の市場動向においては、この訴訟の結果が仮想通貨の価値評価や投資家の信頼に大きな影響を与えることでしょう。

法廷の決定がどのように市場に反映されるか、注目が集まっています。

筆記者の感想としては、この訴訟が仮想通貨業界にとって重要な節目となり、将来の規制や市場の成熟に向けた一歩となると思っています。

法的な明確性が得られることで、技術革新と市場の安定性が促進されることを願っています。

この訴訟の進展は、結果がどうであれ、仮想通貨の未来にとって決定的な影響を持つでしょう。

FLOKIトークンの魅力と市場動向:コミュニティ投票でのバーン提案により100%以上の急騰!

仮想通貨FLOKI(Floki Inu)は、イーロン・マスク氏の愛犬の名前にちなんで作られたミームコインです。

イーサリアムネットワークとバイナンススマートチェーンの両方で動作し、ERC-20とBEP-20のトークンが存在します。

コミュニティ主導のエコシステムを目指し、NFTメタバースゲームやDeFiプロトコルなどのプロジェクトを展開しています。

コミュニティ主導の力を甘く見てはいけません。

デジタル通貨の世界では、コミュニティの力が市場を動かすことがしばしばあります。

その最新の例が、この犬をモチーフにした仮想通貨「Floki」の価格が、わずか24時間で100%以上も跳ね上がった出来事です。

この価格上昇の背景には、コミュニティによる供給量の2%をburn(焼却)という提案が可決されたことによるとデータにあります。

この提案には、投票者の約90%が賛成票を投じ、中でも最も多くのトークンをステーキングしたトップ投票者は、なんと1170億トークンを投じました。

x.com

(burn)とは、トークンを市場から永久に削除し、誰もアクセスできないウォレットに送ることを意味します。

これにより、トークンの希少性が高まり、価値が上昇する可能性があります。

実際、Flokiは以前にも2023年1月に同様のイベントを実施し、その際には1100万ドル相当の1900億トークンが焼却されていることが、米CoinDeskの記事で分かっています。

これは、ネットワークのセキュリティ強化とトークンへの信頼感を高めるための一環でした。

しかし、このような焼却イベントは、常にリスクを伴います。

例えば、Multichain(マルチチェーン)ブリッジは、ユーザーが異なるネットワーク間でトークンを移動できる便利なプラットフォームでしたが、2023年7月の攻撃で1億3000万ドル以上が盗まれ、その後崩壊しました。

このような事件は、仮想通貨市場の脆弱性を露呈するものです。

市場の動向を見ると、ミームコインへの投資熱が再燃していることがわかります。

FLOKIの大規模な高騰に寄与した可能性が高く、ドージコイン(DOGE)、シバイヌ(SHIB)、ボンク(BONK)などの顕著なトークンの価格が、過去1週間で50%以上も上昇しています。

1週間で34.5%価格急騰の謎:SOL(ソラナ)の背後にある秘密 - CryptoWise’s blog

これは、投資家たちがユーモアと共感を感じるブランドやコンセプトに魅力を感じている証拠かもしれません。

今後の市場については、このようなトレンドが続く可能性がありますが、投資家は市場の変動性とリスクを常に念頭に置くべきです。

ミームコインは、そのユニークな文化的魅力と共に、予測不可能な市場の動きを示すことがあります。

投資家は、情報に基づいた意思決定を行い、自身のリスク許容度に合わせた投資戦略を立てることが重要です。

そして何より、仮想通貨市場は常に変化しているため、最新の動向に注意を払い続けることが求められます。

イーロン・マスク氏、OpenAIとサム・アルトマン氏に対して訴訟

AIの未来を巡る法廷闘争

イーロン・マスク氏は、2月29日にAIの未来を巡り、OpenAIとそのCEOサム・アルトマン氏に対して訴訟を起こしたことが明らかになりました。

ロイター通信が報じました。

OpenAIとワールドコインの複雑な関係

マスク氏は、OpenAIが「人類の利益のためのAI」という創設時の理念から逸脱していると主張しています。

OpenAIの動きは、ワールドコインの価格変動に影響を及ぼすことがあります。

マスク氏はOpenAIの共同創設者の一人ですが、現在はマイクロソフトが主要な出資者となっています。

このニュースは、暗号資産ワールドコイン(WLD)の価格にも波紋を広げ、一時的に価格が5%下落しましたが、その後回復しています。

マスク氏は、OpenAIの創設者の一人として、AIが人類に利益をもたらすことを目指していましたが、現在はマイクロソフトがOpenAIに多額の出資をしており、その方針に疑問を投げかけているようだ。

アルトマン氏はワールドコインの共同創設者でもあるが、ワールドコインの事業自体はOpenAIと無関係です。

訴訟の背景

マスク氏は、OpenAIが創設時の契約に違反しているとして、カリフォルニア高等裁判所に訴状を提出しました。

訴状では、マスク氏は、OpenAIが営利目的でAIを開発していると主張し、特に言語モデルGPT-4がマイクロソフトの製品としてリリースされたことを問題視しています。

彼は、OpenAIが研究成果を一般公開し、それをマイクロソフトの金銭的利益のために使用することを禁止する判決を求めています。

実際に、2月にもOpenAIが動画生成AI(Sora)を発表したことによりWLDの思惑買いとみられるものが観測されるなど、OpenAI関連の動きがWLDにも影響を与えることがありました。

OpenAIが動画作成新ツール「Sora」を発表! - CryptoWise’s blog

AIの安全性と倫理

ボストン大学のブライアン・クイン教授は、マスク氏の訴えに根拠が薄い可能性を指摘しています。

マスク氏は、AIが人類に与えるリスクについて以前から警鐘を鳴らしており、強力なAIモデルの影響を把握するまでその訓練を停止するよう求める書簡に署名しています。

また、「OpenAIの最新モデルGPT-4が汎用人工知能 (AGI)のレベルに到達している」、「人類にとって重大な脅威となる」とマスク氏は以前に主張し、その安全性についても懸念を表明しています。

xAIとGrokの登場

マスク氏は新たなAI企業「xAI」を立ち上げ、この企業は、宇宙の本質を理解することを目指し、OpenAIのChatGPTに対抗する姿勢を示しています。

また、同社はチャットボット「Grok」を発表し、アーリーアクセスプログラムを通じてその機能を広く公開しています。

会話AIとして注目を集めています。

これらの動きは、AIの未来と人類の関わり方について、重要な議論を呼び起こしています。

AIの発展は、技術的な進歩だけでなく、倫理的な問題や社会的な影響も含めて考える必要があることを示しています。

マスク氏の行動は、この分野でのさらなる透明性と責任ある開発を促すかもしれません。

AIの未来は、技術的な進歩と倫理的な問題の間で、常にバランスを取りながら進んでいく必要があります。

1週間で34.5%価格急騰の謎:SOL(ソラナ)の背後にある秘密

デジタル通貨の世界では、ソラナ(SOL)が新たな高みを目指しています。

3月1日には、23カ月ぶりの最高値137ドルを更新し、わずか1週間でその価値を34.5%も増加させました。

ステーブルコインを除くと、時価総額で第4位に位置するこの通貨は、第3位のBNB(BNB)に迫る勢いを見せています。

しかし、注目すべきはその上昇の背後にある要因と、競合他社に対するアウトパフォーマンスが持続するかどうかです。

過去数カ月間、SOLは100ドルのサポートラインを確立しようと試みていましたが、2月23日以前からの強気相場の兆しは見られませんでした。

実際、2023年12月23日から2月23日までの間には、SOLはわずか2%の増加に留まり、同期間にイーサリアム(ETH)は25.5%、トロン(TRX)は31.5%の上昇を遂げていました。

このことから、SOLに有利な変動が過去1週間の間に何らかの形で発生したと推測されます。

さらに、ソラナネットワークのミームコインも注目を集めています。

ボンク(BONK)は2月23日以降110%の増加を記録し、ドッグウィファット(WIF)は同期間に250%の大幅な上昇を見せました。

このトレンドはソラナネットワークに限らず、ドージコイン(DOGE)とシバイヌ(SHIB)も同様に61%の上昇を記録しています。

これらの人気トークンの需要が分散型取引所(DEX)を通じてSOLに影響を与えている可能性があります。

興味深いことに、2月27日のニューヨークタイムズ報道によると、FTXの破綻後に有罪判決を受けたサム・バンクマン-フリード氏が、刑務所の看守にソラナへの投資を勧めていたとされています。

x.com

彼の意見がSOLの価格上昇に影響を与えたかは不明ですが、報道のタイミングが市場に影響を与えた可能性は否定できません。

SOLの価格急騰が単なる憶測を超えたものかどうかを判断するためには、ソラナネットワークの活動を詳細に分析する必要があります。

ソラナのエコシステムは、そのスマートコントラクトにおける総ロック価値(TVL)の増加により、デジタル資産の世界で注目を集めているのは確かです。

TVLの高まりは、ソラナベースの分散型アプリケーション(DApps)へのユーザーの関心と活動が活発化していることを示し、これがSOLトークンの価格上昇に寄与する可能性があります。

2024年に入ってから、ソラナのTVLは前年11月以来の最高水準に達し、4037万SOLに相当する30%の増加を遂げました。

これは、イーサリアムやBNBチェーンのTVL成長率を大きく上回るもので、ソラナがDAppsの活動において他のプラットフォームよりも優位に立っていることを物語っています。

特定のDAppsは、その成長において顕著な役割を果たしています。

例えば、NFTマーケットプレイスのオープンシーは週間取引高で78億ドルを記録し、ステーキングソリューションのJitoはわずか1週間で102%の増加を達成しました。

さらに、クロスチェーン流動性取引所Sabreは130%の取引高増加を経験し、ソラナネットワークの活気を示しています。

他のブロックチェーントランザクションの急増に苦戦している中、ソラナはその堅牢性で一定の信頼を築いています。

アバランチネットワークがインスクリプションの問題でブロック生成が停止するなどの障害が発生している一方で、ソラナも自身の課題に直面しています。

しかし、これらの問題を公に認め、解決に取り組むことで、ネットワークの透明性を高め、業界全体の拡張性の課題に光を当てています。

ネットワーク指標を見る限り、SOLトークンの価格が頭打ちになったわけではなく、今後も成長の余地があることが示唆されています。

ソラナのエコシステムは、その革新性とユーザーの活動により、ブロックチェーン業界において重要な地位を確立しつつあります。

このようなダイナミックな動きは、投資家や開発者にとって大きな関心事となっており、ソラナの将来は明るいものと言えるでしょう。

SOLは、DEX取引、ステーキングソリューション、NFTマーケットプレイス、ギャンブル、ゲーム、ソーシャルネットワークなど、多岐にわたる分散型アプリケーション(DApps)の中核となる通貨です。

このエコシステムの活発な動きが、SOLの価格上昇の背後にあるかもしれません。

この通貨の未来は、その革新的な技術と市場の動向によって形作られていくでしょう。

マイクロソフト、金融専門家向けのAIサービス Copilot for Financeのプレビュー版を公開 - 未来の金融を切り開く

金融業界におけるAIの進化は、ただの一歩ではなく、巨大な飛躍となりました。

マイクロソフトは2月29日、AI(人工知能)技術を活用した新しいサービス「Copilot for Finance」のプレビュー版を公開しました。

x.com

このプレビュー版は、Microsoft 365とシームレスに統合され、生成AIと自動化ソリューションを駆使して、金融専門家の日常業務を劇的に変革します。

Copilot for Financeは、単なるツールではなく、パートナーです。

金融専門家の負担を軽減し、彼らが本来集中すべき戦略的な業務に専念できるように設計されています。

マイクロソフトの研究によると、多くの金融リーダーが日々の運用業務に追われ、本来の目的から遠ざかっていることが明らかになりました。

多くの金融専門家にとって最大の課題は、時間の不足である。マイクロソフトは、この新しいAIツールがその解決策であると述べています。

「金融リーダーとチームの80%は、業務の運用部分以外で、より戦略的な仕事に取り組むことに課題を抱えている。さらに、金融専門家の62%は、データ入力やレビューサイクルの単調な作業に追われていると回答している。Copilot for Financeは、これらの時間を節約するのに役立つだろう。」

Copilot for Financeは、これらの時間を有効に活用し、金融業界の未来を形作るための新しい道を切り開くことを目指しています。

このサービスは、マイクロソフトブログ記事によると、既に数千人の金融専門家とビジネスパートナーによってテストされ、その効果が実証されています。

Copilot for Financeは、データ入力やレビューサイクルなどの繰り返し作業から解放された金融専門家たちが、より創造的で価値のある業務に集中できるよう支援します。

Copilot for SalesやCopilot for Serviceと並び、マイクロソフトの専門家向けAIアシスタントのラインナップを強化するCopilot for Finance。

Windows 11ユーザーには既にお馴染みのCopilotも、タスクバーに組み込まれたホットパッチとして、日々の生産性を高めています。

OSやアプリケーションに特化したAIサービスの台頭は、テクノロジー業界に新たな収益の機会をもたらすと同時に、私たちの働き方を根本から変える可能性を秘めています。

Copilot for Financeは、その変革の先駆けとなるでしょう。

未来の金融は、ここから始まります。